これこそ目元の保水について

目のまわりは膚が薄いですので、些細な刺激によって肌トラブルといったものが出やすい部分なんです。その為、日頃からしっかりとした眼元ケアが重要な箇所だとも言え、目もとケアを継続していく事でちりめんじわやくま、眼元のたるみ等の状態を減らしていくことが可能になります。

スキンケアをするときには、皮膚の状態に見合った肌対策を続けていく事が肝心です。美容液も皮膚の状態にあわせたもの等が店先で多く売られているので、肌の悩みに合わせた種類を購入してくことが肌トラブルの改善に良いとされております。

肌の乾燥が悩みのタネといった場合には、保湿成分を含んだセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲン等のエモリエント成分が含まれているものがおすすめです。セラミドは肌のバリア機能が非常に優秀なため、肌の水分不足などが原因の乾燥に現れる眼もとの縮緬皺に有効です。

目もとのくすみが気になるときですと、美白成分であるビタミンC誘導体が有効です。ヴィタミンC誘導体はコラーゲン生成を活発化させるので、日焼けした時もしくは肌へのダメージなどで体内で生成したMSH(メラノサイト刺激ホルモン)によって起こった色素沈着やちりめんジワに効き目があり、目もとのしわをきちんと改善ししていきたいときにはレチノールが配合されている美容液がおすすめだとされています。少ない刺激で安定して化粧品に配合されているレチノールと呼ばれている成分はビタミンAのことを言います。皮膚にも必要な物質で傷ついた肌の粘膜や細胞を治してcollagenやElastin、ヒアルロン酸を生み出します。

しかし使用される前に注意したいのが、ヴィタミンC誘導体やRetinalといった成分は素肌の弱い方が使った場合肌への刺激があらわれるケースも考えられます。なので、安全に使う前にはなるべく手の平などにそれらを塗りパッチテストを行ってから使い始めることがお薦めとなります。そして、眼元のお手入れをする時はオイルクレンジングetcにも気をつけることがあります。