ついでに目元の保水に関して

眼のまわりは膚が薄いので、ちょっとの刺激によって乾燥といったものが発生しやすい場所といえます。そのため、毎日の入念な目元ケアが必要不可欠な所ともいえ、お手入する事でちりめんじわや青クマ、眼元のたるみといったトラブルを軽減するしていくことが可能です。

お手入をする場合には、皮膚の状態に見合った目もとケアを続けることが重要です。目もと専用美容液も肌のコンディションにマッチした種類が多く販売されているので、肌のコンディションにあわせた商品を使ってみる事が肌トラブル解決によいと感じます。

肌の乾燥が気になるといったケースでは、潤い成分を含んだセラミドもしくは保水力のあるヒアルロン酸、肌の美しさを整えるコラーゲン等のエモリエント成分が入っているものを使用することがお勧めとなります。ヒアルロン酸は保水力が非常に優秀なため、室内外の温度差などが原因の乾燥に現れる眼のまわりのちりめん皺にとても効果的です。

くすみが悩みのタネだという時には、シミ対策に効果のあるヴィタミンC誘導体がおすすめです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲン生成を促進させる成分なので、日に焼けた時または皮膚の炎症が原因で生成されたmelaninによって起こったしみやちりめんジワに効き目があり、皺をちゃんと薄くしたいという場合にはRetinol入りの美容エッセンスが有効だと言われています。肌への負担が少なく安定した成分で美容液などに配合しているレチニールエステルと呼ばれている成分はvitaminAのことを言います。ビタミンAは皮ふにとても重要な要素で傷ついた肌や細胞を回復させてCollagenやElastin、ヒアルロン酸を生み出します。

しかし注意しなくちゃいけないのが、ヴィタミンC誘導体やレチノイン酸というのはお肌が敏感になっている方が使用された場合肌負担があらわれるケースもあるようです。ですので、肌のトラブルにならないように使用前には出来れば皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをしてから使用していくことがお薦めとなります。そして、目もとのcareを行う場合はクレンジング等にも気を遣う必要が大切です。