まさかの目の周りの皮膚の乾燥について

目の周りは皮ふがハンカチほどの薄さしかないですので、刺激でしわなんかが起きやすい箇所なんです。そのため、毎日の入念な眼元ケアが必要不可欠になる場所であるとも言え、目元ケアを継続していくことによりちりめんじわや黒クマ、眼元のたるみ等の状態を減らしていくことができます。

お手入れをするときには、悩みに合わせた目元ケアを続けていくことが大切です。目もと専用美容液も肌のコンディションに適した種類が広く売られているので、症状に合ったものをチョイスする事が肌の悩みの改善に良いとされております。

乾燥が気になるなんて時では、保湿効果の高いセラミドもしくはヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲンなどといったモイスチュア成分が含まれたものを使うことがお奨めのケアになります。セラミドは水分保持力が高いため、乾燥にあらわれる眼元のちりめん皺に効果抜群です。

くすみが悩みのタネだというときですと、白肌をキープする効果のあるvitaminCderivativeが有効です。vitaminC誘導体はコラーゲン生成を活発にさせる成分で、日に焼けた際もしくは炎症が原因で体内で生成されたmelaninによって起こったしみやしわによく、目もとのしわをきちんと解消していきたいという場合にはレチノイン酸入りの目もと用美容液が効果的だとされています。お肌に優しく安定して化粧品に使用しているRetinalと呼ばれている物質はヴィタミンAの総称となります。皮膚にも必要不可欠な要素で傷ついた肌や細胞を修復してCollagenやElastin、ヒアルロナンを作ります。

そこで使用前に注意しなくちゃいけないのが、vitaminC誘導体やレチナールは皮ふの敏感な方が使用した場合肌負担があらわれる可能性も考えられます。そのため、肌のトラブルにならないように使用する前にはなるべく手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストを行って肌の状態を見ながら使用していくことがおススメとなります。また、目もとのcareを行う場合はクレンジングなどにも気をつけることが重要です。